あおぞら保育園/宮崎市認可保育園(子育て支援センター)

ご意見・ご要望

「苦情申出窓口」の開設について

社会福祉法第82条の規定により、利用者からの苦情に適切に対応する体制を整えています。あおぞら保育園における苦情解決責任者、苦情受付担当及び第三者委員を下記のとおり設置し苦情解決に努めます。

苦情受付担当者 あおぞら保育園主任保育士
苦情解決者 あおぞら保育園園長
第三者委員 中立の立場に立ち、解決までの話し合いへの立会い・助言や苦情受付園の相談役となっていただく方、2名で構成されています。また苦情の直接受付もいたします。

当あおぞら保育園をご利用されるにあたりまして、お気づきのことや、こ意見・こ要望などがございましたらご遠慮なくお伝えください。可能な限り利用者皆様のご要望にお応えしたく最大の努力をはらっていくつもりです。

苦情解決の方法

  1. img06苦情の受付
    苦情は面接、電話、書面などにより苦情受付担当者が随時受け付けます。なお、第三者委員に直接苦情を申出ることもできます。
  2. 苦情受付の報告・確認
    苦情受付担当者が受けた苦情を、苦情解決責任者と第三者委員(苦情申出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。第三者委員は内容を確認し、苦情申出人に対して、報告を受けた旨を通知します。
  3. 苦情解決のための話し合い
    苦情解決責任者は、苦情申出人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。その際、苦情申出人は、第三者委員の助言や立会いを求めることができます。なお、第三者委員の立会いによる話し合いは、次により行います。

    • 第三者委員による苦情内容の確認
    • 第三者委員による解決案の調整、助言
    • 話し合いの結果や改善事項等の確認
  4. 都道府県「運営適正化委員会」の紹介
    本事業者で解決できない苦情は、宮崎県社会福祉協議会に設置された運営適正化委員会に申立てることができます。 (専用電話 TEL.0985-60-0822)

令和2年度のご意見・ご要望

「個人面談」は希望者だけでいいのではないでしょうか?
アセスメントシートの記入は全園児を対象にお願いをしておりますが、「個人面談」は任意となっています。説明が不十分だったようで、ご迷惑をお掛け致しました。申し訳ありませんでした。
与薬依頼書への記入は、<クラス名・名前・薬の種類・与薬時間・飲ませ方>だけで十分だと思います。
保育所保育指針には、「与薬に関する留意点」として次のように示されています。『保育園において薬(座薬を含む)を与える場合は、医師の指示に基づいた薬に限定する。その際には、保護者に医師名・薬の種類・内服方法等を具体的に記載した与薬依頼票を持参させることが必須である。保護者から預かった薬については、他の子どもが誤って内服することのないように施錠できる場所に保管するなど、管理を徹底しなくてはならない。与薬に当たっては、複数の保育士等で、対象児を確認し、重複与薬や与薬量の確認、与薬忘れの誤りがないようにする必要がある。与薬後には、子どもの観察を十分に行う。』
また、「日本保育保健協議会」の基本的な考え方として、『保育園へ登園する子ども達は、ほとんど集団生活に支障がない健康状態であり、通常業務として、保育園で薬を扱うことはない。ただし、医師の指示により保育時間内にどうしても必要な薬は、その限りではない』とあります。
保育園と致しましては、上記を鑑み、「与薬依頼書」はとても重要だと考えております。与薬が続いた場合など依頼書記入はご苦労かと存じますが、ご理解の程よろしくお願い致します。尚、与薬依頼書の様式については日本保育保健協議会のものを参考にしております。
ご意見ありがとうございました。
PAGETOP
Copyright © あおぞら保育園 All Rights Reserved.